HOME>トピックス>いかに印象づけるのかが大きな課題となっている

目次

何となく目に付くように仕向けるもの

看板

街を歩くとイヤでも目に入って来るのが、看板広告と思われます。普段は何気なく見ているのですが、強く印象に残る看板を見た時には、ついつい見惚れてしまう人もいるはずです。これら屋外広告と言われるものには、多くの種類があるのですが、多くの人はそのことを気にすることなく、広告の内容だけに興味を示すものと思われます。街で見かける広告で最も大きなものと言えば、屋上広告塔と思われます。ビルの屋上に設置され、壁面を一杯に使うことで、視認性を良くしたもので、印象を強くする方法になります。

立体文字を使用している

のぼり

また立体文字を利用した広告も多く見られます。店舗のロゴを示すものや社名を示すには最適な看板となっています。看板によってはLED照明を利用することで、夜間も目立つ方法が取れるようにもなっているものがあります。

壁面サインと呼ばれるもの

ビルに入る小さな店舗などが利用する看板が、壁面サインと言われる電照サインです。遠くからでも目に付ようにと電照することで、多くの人に店舗の存在を示す広告になります。蛍光灯を利用するものが多かったのですが、最近でLEDタイプが増えたことで、交換の面倒さが少なくなるメリットが生まれています。

今日のメニューを知らせるもの

看板の中で一番費用が安く済むのが、レストランやカフェが利用する立て看板です。黒板を利用したもので、日々のメニューを書き込むことが出来ます。その日に喜ばれるメニューを書き込むことで、お客様を集める方法になります。

広告募集中